LARGE

 

| HOME | CONTACT |
RIKEN CDB
RIKEN CDB

遺伝子改変マウスの共同開発について

     
  趣旨  
     
 

 ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST) 生体モデル開発ユニットおよび生体ゲノム工学研究チーム(LARGE)では、我が国の発生・再生研究に貢献するため、国内各組織の研究者と遺伝子改変マウスの共同開発を行っております。 開発した遺伝子改変マウスは、当方の指定する Accession No. とともに発表して頂くこと、共同開発後一定期間を経たら理研バイオリソースセンター(BRC) へ寄託していただくことなどを条件としております(分与条件を指定することが出来ます)。 研究コミュニティへ公開せず、独占的使用を前提とする遺伝子改変マウスの作製は、本共同開発の対象とはなりません。また、共同開発いただく責任研究者は原則として研究室・グループ等の主宰者に限ります。

 本共同開発は営利事業として行っているわけではなく、また、政府や財団等からの支援を受けて支援事業として行っているわけでもありません。共同開発にあたっては遺伝子改変マウス作製のための費用を分担して頂きますが、建物使用、設備整備・運営、機器購入・維持などに掛かる費用と大半の人件費は、CLST および多細胞システム形成研究センター(CDB)の全面支援によっており、負担頂くのは消耗品費と人件費の一部にすぎません。共同開発事業を開始してから5年余り、共同研究契約を結んで分担金をお支払い頂くことを各大学等に求めてまいりましたが、事務的調整がつかず、2007年6月1日よりオリエンタル酵母工業株式会社を窓口として本事業を行っております。先生方にはオリエンタル酵母とマウス作製契約を結んで頂き、そのオリエンタル酵母が理研と委託契約を結ぶという構造になります。但し、遺伝子改変マウスの開発を行うにあたっては、先生方と当方の間で、研究者間の合意事項を確認する同意書を結ばせて頂きます。オリエンタル酵母を窓口とすることにより、同社の手数料と消費税が発生し、理研が研究者にご負担いただく分担金に加えて約20%程度の費用を研究者の方々に分担頂くこととなりますが、上記のやむを得ない事情のためであることをご理解下さい。また、オリエンタル酵母には本事業の精神を理解して頂き、実費手数料のみで窓口の労を引きうけて頂いており、本件に関してはパートナーと考えていただかねばなりません。本件に関し、同社に値引きを求めるなど業者扱いをされる研究者とは、共同開発をお断り申し上げることになります。


■ 共同開発を希望される方は申込み前にmutant(at)cdb.riken.jpに御連絡下さい。
■ CDBの方は所内用のサイトをご覧下さい。

 
     
  支援内容  
     
  ノックアウトマウスの開発(ベクター構築から) 詳細  
 

依頼された該当遺伝子についてベクター構築からキメラマウス作製までの技術支援を行います。ベクター構築を自ら行う場合は、「ノックアウトマウスの開発(相同組換え体の単離から)」でお申し込み下さい。

 
     
  ノックアウトマウスの開発(相同組換え体の単離から) 詳細  
 

依頼者が当ユニットのプロトコールに従って構築したベクターを用いて、相同組換え体の単離からキメラマウスの作製までの技術支援を行います。

 
     
  トランスジェニックマウスの開発 詳細  
 

依頼者より提供されたトランスジーンをマイクロインジェクション法によりマウス前核期受精卵に注入し、トランスジェニックマウスを作製します。

 
     
  お問合せ  
     
 

共同開発に関するご質問はmutant(at)cdb.riken.jpへお寄せ下さい。電話によるご質問はお控え下さい。

 
       
理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター 生体モデル開発ユニット/生体工学研究チーム
〒650-0047 神戸市中央区港島南町2-2-3