本文へスキップ



更新日 2017年6月28日

米 村 研 究 室

People

米村 重信 地図
 チームリーダー
 

顕微鏡を覗いて生き物の美しい構造や動きを見た感動から私の研究は始まりました。分子レベルから他細胞の形態形成までの理解に近づいていると感じています。最も時間を使っている息抜きはランニング。長距離走というのも自分の体を使った壮大な実験です。フルマラソン3時間20分の目標を達成し、3時間14分45秒となりました。2015年から徳島大学が本務となり、医学生への教育だけでなく、研究も徳島がメインとなりました。

プロフィールへ

鳥澤 久美子地図
 研究員

上皮細胞の細胞間接着装置について研究しています。  主に力を感知する分子(メカノセンサー)の働きを調べています。




高橋 佳子地図
 テクニカルスタッフ
 
電子顕微鏡解析の技術支援を行っています。
前職では電子顕微鏡受託解析サービス会社で、材料系から生物系まであらゆる試料を観察してきました。
これまでの経験を糧に、より知見を深め技術を磨き、研究活動のお役に立ちたいと思います。



遠藤 広美地図
 研究支援パートタイマー

電子顕微鏡の技術支援をしています。
細胞の微細構造の解明に繋がるような良い画像を撮影できればと思っています。宜しくお願い致します。



柴田 真依地図
 アシスタント

 実験助手兼アシスタントをしております。おもに、蛍光抗体法を用いた実験やムービーを撮っています。ホームページの管理者です。よろしくお願い致します。


辻岡 政経地図
 客員研究員
 
これまで粘菌アメーバを用いて細胞運動、細胞接着の研究をしてきましたが、現在は東京で、細胞接着と細胞死の関係を明らかにすべく、マウスと格闘しています。たまに関西に帰るのが楽しみです。

坂根 亜由子 地図
 研究生

 医学部学生時代に電顕修行のため、米村研にしばらく居候していました。そのご縁で今でも米村チームに加えていただいています。普段は徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部分子病態学分野(佐々木卓也教授)の助教として、『発生過程や癌の浸潤・転移の際に細胞がどのようなメカニズムで形態を変化させてダイナミックに動いていくのか?』に興味をもって研究しています。

小野寺 章地図
 研究生

微小粒子状物質の生殖系・心血管系への影響を研究しております。米村研では、組織・細胞内に取り込まれた微小粒子状物質の動態を解明するため、電子顕微鏡解析の技術支援を頂いております。



 
 過去に在籍された方
  三宅 由華
  水口 和世
  和田 淳
  井上 尚子
 西村 有香子
 渡邉 俊之
 木下 暢暁
 藤田 朋己
 宇尾 真紀子
 大西 佐知子
  辻 絵里子
 和田 裕子
 天野 優
 垣口 貴沙
美崎 佳寿代




バナースペース

超微形態研究チーム

〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3

TEL 078-306-3105
FAX 078-306-3107